ファンダイビング

トップ | ファンダイビング

STYLE

ダイビングスタイル

じっくりマクロも
  
がっつりワイドも

 
大欠伸のクマドリカエルアンコウ

 

 

DIVING POINT

ポイント紹介

 

伊豆大島のダイビングスタイルは離島なのにほぼビーチダイビングです。そんな中メインポイントの秋の浜だけはジャイアントストライドエントリーからのハシゴを登ってエグジットするボートダイビングと同じようなスタイルです。
◆秋の浜:伊豆大島いや日本を代表するビーチポイント。生物相の豊かさは日本トップクラスです。
◆野田浜:火山島ならではの大小アーチやツバメウオの群れは必見です。

 
 
 

◆ケイカイ:根が複雑に入り組んでおり夏にはハンマーヘッドシャークを狙う早朝ハンマーチャレンジも。
◆王の浜:ウミガメとの出逢う確率が高く一番テーブルサンゴが多く生息している。
◆トウシキ:島の南部(当店から車で30分程)でウミガメやイサキの群れ、冬にはクロヘリメジロザメに出逢えるかも!?

 
 

::: 01 :::

ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ
 

秋の浜

伊豆大島、いや日本を代表するビーチポイントのひとつ。ジャイアントストライドエントリーとラダーエグジットとボートダイビングと同じスタイル。生物相の豊かさは日本トップクラスです。

 
 

::: 02 :::

野田浜水中アーチのイサキの群れ
 

野田浜

砂利ビーチからのエントリー・エグジットで沖合までガイドロープがあります。水中は大小の溶岩アーチがあり夏にはイサキが埋め尽くすことも!?また今は通年ツバメウオの群れが観られ新名物となってます。

 
 

::: 03 :::

ケイカイの早朝ダイブでハンマーヘッドシャークの群れ
 

ケイカイ

伊豆大島の中では一番の地形ポイントです。溶岩で創り出された大きな根が沖合いに向かって複雑に伸びており、またウミガメに高確率で出会えるポイントでもあります。また夏期はハンマーヘッドシャーク狙いの早朝ダイビングも。流れが強くかかることもあるポイントのため海況次第では中・上級者限定となる場合もあります。

 
 

::: 04 :::

王の浜で遭遇率の高いウミガメ
 

王の浜

一番テーブルサンゴが多く生息しているポイント。またウミガメが多く生息しているエリアでもあるので遭遇率は高めです。夏期シーズンは潜水禁止時間帯があるので潜れるとちょっとラッキーです。

 
 

::: 05 :::

冬になると何処からともなく現れるクロヘリメジロザメ
 

トウシキ

島の南部にあり北部の当店は頻繁に潜るわけではありませんが、海中は溶岩で出来たダイナミックな地形の柱状節理が観られたり、ここもウミガメに高確率で出会えるポイントです。また冬にはここ数年クロヘリメジロザメが現れておりまた来年も登場してくれるといいですね。

 
 

SUHEDULE

1泊2日のスケジュール例

1日目

10:00 高速船到着→ショップへ移動

11:00 申し込み用紙記入・カメラ機材等の準備が整い次第ポイントへ出発

11:30 1本目のダイビング→ポイント等でお昼休憩

14:30 2本目のダイビング→ショップへ移動→器材片付け&着替え

17:30 宿泊先へ送迎

2日目

07:50 宿泊先お迎え→ショップへ移動

08:20 カメラ機材等の準備が整い次第ポイントへ出発

08:50 1本目のダイビング→ポイントで休憩

11:30 2本目のダイビング

13:00 ショップへ移動→片づけ&昼食

15:00 港へ送迎

FUN DIVING FEE

全て税込価格表示です

・1ダイブ

¥ 7,700

・2ダイブ

¥11,000

・3ダイブ

¥16,500

・サンセットダイブ 

¥ 7,700

・ナイトダイブ

¥ 7,700

・早朝ダイブ

¥ 8,800

・ライトトラップ

¥ 8,800

◆器材レンタル

1日あたり

・ウエットフルレンタル

¥ 4,400

・ドライフルレンタル

¥ 5,500

・重器材セット

¥ 3,300

・BCD

¥ 2,200

・レギュレーター

¥ 2,200

・ウエットスーツ

¥ 1,100

・ドライスーツ

¥ 2,750

・マスク&スノーケル 

¥   770

・フィン&ブーツ

¥   770